ネクタイを選ぶとき、どうやって選んでいますか?
「形」「ブランド」「値段」「柄」・・・基準はそれぞれですが、「色」で選ばれる方も多いと思います。

色にはパワーがあり、特にネクタイは顔の近くにあるため、身につける人の印象を大きく左右します。
色がもたらす印象を知って、ネクタイ選びの際の参考にしてみてください。

■成人式ギフトにも最適。爽やかな印象の”青のネクタイ”

『ブルー系』のネクタイは、知的で冷静、誠実といったイメージを与えやすく、日本のビジネスマンに好まれる色1位とも言われます。
第一印象から好印象なカラーで、年齢を問わず多くのビジネスマンに利用されています。

おなじブルー系でも、薄いブルーであればより若々しくフレッシュな印象を、深いブルーや濃紺であれば落ち着いた知的な印象を与えることができます。

最近はオンライン面談も多いようですが、就活や会社訪問の際にも爽やかな印象を与えることができます。
一本目のネクタイとして選ばれる色なので、卒業祝いや成人式のお祝いでなど贈ると喜ばれる一本です。

■青のネクタイコーディネート

「G20福岡財務大臣・中央銀行総裁会議」で大臣に贈られたネクタイ(OKANO提供)

国際的に見てもビジネススーツの基本色は、ネイビーとグレーです。
青のネクタイは、特にこの2色のスーツとの相性は抜群です。


青系のスーツと合わせると全身にまとまりが出て爽やかさの中にも信頼感が増します。
また高貴なグレーと合わせることで、よりスタイリッシュな雰囲気を出すことができます。

特に紺色のネクタイは正統派の象徴です。
どんな場でも馴染んでくれる紺色ネクタイは、一本あると重宝しますよ。