■コロナ渦での父の日ギフト

コロナ渦でオンラインでのお仕事が増えていますね。
クールビズもあり、ネクタイを身につける頻度も減っていますが、こういう時だからこそ、イザという時の【勝負ネクタイ】は持っていたいものです。

今回も、毎日頑張っているお父さんに贈る、ネクタイの選び方についてポイントをご紹介します。

■素材で選ぶ

ネクタイは素材でも印象が変わります。素材によって季節感を表現するのもネクタイでできるオシャレの1つです。
いくつか代表的な素材をご紹介します。

𓇼𓇼𓇼 シルク(絹)のネクタイ 𓇼𓇼𓇼

軽くてしわになりにくい上、上品な光沢で高級感満載。ビジネス・カジュアル・パーティーとシーンを選ばずに使えます。
また、オールシーズン使えるため、ネクタイとしては一番使いやすく、間違いのない定番の素材です。
価格は数千円〜数万円と、シルクの品質によっても大きく差がありますが、父の日のプレゼントとしては、まずシルク素材を検討してみましょう。

𓇼𓇼𓇼 リネン(麻)のネクタイ 𓇼𓇼𓇼

夏には涼しげでオシャレです。販売しているお店自体も少ないので、希少価値が高く、時期的にも父の日にはぴったりの素材です。
また、吸水性に優れ、強度が高く丈夫なので長く愛用できる商品になります。

少しカジュアルな印象になるので、ラフな服装でOKな職場、またはプライベートなシーンでの使用になってしまいますが、人とは違った個性的な演出できると思います。

𓇼𓇼𓇼 ウール(羊毛)のネクタイ 𓇼𓇼𓇼

秋冬にぴったりの素材で、ツイード素材との相性が抜群です。ジャケットやコートとコーディネートすると、立派なオシャレお父さんが出来上がります★
生地に厚みがあり、結んだ時にボリューム感が出るため、結び目を小さくするのがお好みの方には向かないかもしれません。
また商品によっては、少しカジュアル感が強めに出ることがあります。

皺になりにくく、型崩れもしにくい。素材感のある見た目から、大人の上品な着こなしもできオススメなのですが、父の日の時期にはつけられないことが父の日ギフトとしての残念ポイントです。

𓇼𓇼𓇼 ニットのネクタイ 𓇼𓇼𓇼

身につけるだけで、肩の力を抜いた印象を演出できるのが「ニットタイ」です。
普段のスーツにニットタイを合わせるだけでも、抜け感のあるお洒落な印象ができ上がります。

“ニット” という言葉から【秋冬専用】と思われがちですが、素材にコットンややシルクを選べば、春夏でも着用できます。
剣先がスクエアエンドになっていることからも、普段とはちょっと違った印象を与えることができます。

𓇼𓇼𓇼 コットン(綿)のネクタイ 𓇼𓇼𓇼

かっちり決めない大人カジュアルにおすすめなコットンタイですが、皺になりやすく、縮みやすいのが難点です。
シルクやリネンより落ち着いた色合いや風合いのため、夏に取り入れると暑苦しく見えることがありますので気を付けましょう。

カジュアル感があるので、カジュアルジャケットにデニムやチノパンと合わせるとオシャレに決まります♪

𓇼𓇼𓇼 ポリエステルのネクタイ  𓇼𓇼𓇼

お手入れがし易く、比較的安価で購入でき、種類も豊富なのがポリエステル生地のネクタイです。

最近は、シルクのように発色が綺麗なものも多くありますが、使っていくうちにテカりやくすみが目立ちやすくなってきます。

■ネクタイで日頃の感謝を伝えよう

今回は「素材」から選ぶネクタイの選び方をご紹介しました。

いつも仕事で頑張るお父さんに感謝の気持ちを込めて、ネクタイを贈ってみてはいかがでしょうか。

「ネクタイは選ぶのが難しい…」と迷われている方の参考になれば嬉しいです^^