スーツを着る中で一番個性を出しやすいアイテム “ネクタイ”

自分にあったネクタイを選ぶには、自分の身長にあった長さのネクタイを選びましょう。毎朝四苦八苦している人は、ネクタイの長さそのものを見直してみるといいかもしれません。

 → ネクタイの長さで印象が変わる。適正な長さとは?

ネクタイの長さってどれくらい?

ネクタイを購入する際、ブランド・色・柄を意識する人は多いですが、「長さ」を意識して購入する人は多くありません。しかし身長が高かったり首周りが太かったりする場合は、ネクタイそのものの長さを意識してみましょう。

メーカーやブランドによって多少の違いはありますが、日本で販売されているネクタイの長さは、140cm前後が主流です。日本人の平均的な身長・体格を基準に編み出されたサイズが140cmということになります。

自分に合うネクタイの長さは、身長−15cmが目安とされますが、体型や首の太さにもよりますので、自分にちょうどよい長さを把握しておくと購入の際の目安となります。

長いネクタイが欲しい場合は、海外のネクタイを購入する方法もあります。海外のネクタイは、日本のものより長めのものが多くあります。日本人より外国人男性の方が首が太い傾向にあるからだそうです。

アメリカでは138〜150cmの長さのネクタイが用意されるショップが多く、イギリスやイタリアでは144〜148cmが標準となっています。ルイヴィトンやエルメスでは153cmの商品もあります。

いつも140cm前後のネクタイを結んでいる人が、長いネクタイをいつもと同じように結ぶと、大剣の先はベルトのバックルよりもかなり下の位置になり、バランスが悪いだけでなくだらしない印象となってしまいますので、結ぶ際には注意が必要です。